インテリア系グッズ 防災

無印でつくる救急セット|取り出しやすく使い勝手が良い!

更新日:

私が子供のころ、自宅には木製のレトロな救急箱があって、風邪薬や頭痛薬、消毒薬、絆創膏がまとめられていましたが、いつの間にかほとんど見かけなくなりました。

実家を離れパートナーと暮らしていますが、私自身が持病を持っていることもあり、救急箱ならぬ救急セットを常備するようにしています。

Huuub
家族で使用するなら、誰が見ても分かりやすく、取り出しやすいタイプがおすすめ!
体調が悪いときにだからこそ、サッと取り出したいね。
Partner

InstagramやPinterestでおしゃれな救急セットを見かけますが、我が家の救急セットはは超実用的です(笑)

薬の保管方法とあわせて紹介したいと思います。

data-full-width-responsive="false">

薬の正しい保管方法

保管場所

直射日光や高温・多湿を避けて、なるべく涼しいところに保管しましょう。

シロップなどの液剤のように、冷蔵庫に保管するケースもありますが、通常の薬(市販薬)は冷蔵庫への保管はNGです。

お子さんやペットが誤飲しないよう、届かない場所に保管することも大切ですね。

 

使用期限/品質保持期限

市販薬の品質保持期限は、外箱などのパッケージに記載してあります。

薬の種類によって使用期限は異なりますが、だいたい錠剤は3〜5年程度のものが多く、短いものだと1年未満の薬もあります

 

薬剤のタイプ 品質保持期限|注意事項
錠剤・粉薬 市販薬 パッケージに記載されている品質保持期限は、あくまでも開封前の使用期限を指しています。
開封後は早めに使用し、錠剤の割れなどの外観変化があった場合は使用しないように注意しましょう。
処方薬 病院・薬局で処方してもらった薬は、保管期限は基本不明です。
処方された薬は期間内に飲みきることが前提で渡されていますので、余った場合は通常破棄することになります。
液剤 子供用の液剤や咳止めシロップは、劣化が早いので期限内に使用するようにしましょう。
余った場合は破棄することが大切です。
絆創膏 絆創膏にも使用期限があり、だいたい3〜5年程度になります。
使用期限が過ぎたものは粘着力が弱まるのはもちろん、薬剤効果が落ちていますので使用はおすすめできません。
目薬 目薬の使用期限は案外短く、数週間から3〜6ケ月のタイプが多いようです。
開封後は雑菌が混入しやすい状態となりますので、早めに使用することをおすすめします。
塗り薬 チューブタイプ、ケースタイプ様々なタイプの塗り薬がありますが、スパチュラではなく直接手に取って塗っている場合は、劣化しやすい状態と言えます。

 

保管容器

市販薬は薬の性質などに応じて包装してありますので、他の容器に移し替えたりせず保管することをおすすめします。

使用期限や用法用量が分からなくなるなどのデメリットのほか、湿気を帯びて効果がなくなってしまうような成分もありますので注意が必要です。

また中に乾燥剤が入っている薬は、湿気を帯びやすいタイプだと思いますので、使い切るまでは捨てないように注意してください。

Huuub
使用期限がわからなくならないよう、十分注意しましょう!

 

無印でつくる救急セット

以前はおしゃれな救急セットを目指していました。

市販薬のパッケージがむき出しにならないように、無印や100均で購入した白系ケースにラベリングし入れていましたが、パートナーから使いにくいとすごい不評で・・。

実際私も体調が悪いとき薬を飲んで早く寝たいのに、ケースの中に更にケースや箱があるので取り出しにくくイライラして反省。

無印良品で揃えた救急セットは「使いやすさ重視」で見直したので、簡単にパッと取り出すことができるようになりました!

 

現在は無印の半透明ケースに入れていますが、「無印 ポリプロピレンケース 引出式 ホワイトグレー」を救急セット入れにする予定。

ホワイトグレーだと中が見えないので、ごちゃついて見えずに気に入っています。

 

市販薬などの薬入れには「無印のポリプロピレン製キャリーボックス・ワイド」を使用。

仕切りが6つに分かれているので、一部をラベリングして個人別に分けています。

この取っ手付きがポイントで、引出しあけたまま中身を漁ることなく、取り出すことができるので使い勝手がいいんです。

内寸確認したところ、ポリプロピレンケースにもピッタリ入ります。

 

無印 EVAケース ファスナー付 B6」をふたつ準備して、自分とパートナーのラベリングをして処方薬入れにしています。

病院で薬をもらったらこの中へ入れるルールを作っておけば、ベッドルームやリビングなどへ持ち歩くときにも便利でおすすめです。

 

data-full-width-responsive="false">

救急セット|まとめ

見た目がおしゃれな救急セットも素敵ですが、身体が辛いときだからこそ、サッと取り出せる使い勝手を重視したいところ。

無印で作る救急セットには、購入した市販薬を箱ごと入れて管理しています。

ホワイトグレーの見えないケースに入れることで、ごちゃつきも気になりません。

無印良品でつくるお薬手帳ケースの記事も、よく読まれています。

関連
無印でつくるお薬手帳ケース|病院関係のモノすべてまとめよう!

健康な人にとって、病院へ行くことは年に数回あるかどうかでしょうか。 風邪をひいた、怪我をしたっていうときに、保険証はすぐ ...

 

防災グッズと室内の備えも合わせてどうぞ。

防災セット
防災グッズと室内の備え|これだけはやっておこう!

関西を震源とする地震がおきた際、震源から離れた我が家でも頭上から本が落下し、モノは倒れ、食器棚の扉から食器が飛び出すなど ...

続きを見る

 

Huuub
救急セットは機能性が大切です!
一回何錠飲めばいいのか分からなかったり、期限切れの薬がいつまでも保管されていたり・・を防ぎましょう。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 アフィリエイトにも挑戦中! ◆ 詳細 →プロフィールはこちら

-インテリア系グッズ, 防災

Copyright© monogrow , 2018 All Rights Reserved.