犬と生活

犬の水入れは給水器タイプより器形がいい理由

更新日:

犬が水を飲む行為は、生きるための水分補給以外に別の役割があります。

data-full-width-responsive="false">

ノズル型給水器より器形タイプがベスト!

犬の水入れは、器形を強くおすすめします!

理由は3つ!!

口腔内の食べかすを洗い流す

ガブガブと水を飲むことで、口の中の食べかすを洗い流す効果があります。

ストレスを軽減させる

ノズル型給水器だと少量の水しか飲めません。
同じ水分量の水を飲む場合、器形の水入れの倍以上の時間を必要とすることになり、犬にとってストレスになるケースがあります。

腎臓への負担を軽減させる

たくさんのお水を飲むことで腎臓への負担が減ると言われています。

 

器形水入れ

器形の水入れを使用する場合、注意点がひとつあります。

犬に合わせて高さ調整をしてあげること!!

我が家ではガラスの器をひっくり返して、滑り止めシートを敷いた上に以前ご紹介した「珪藻土のコースター」を置いて、更にその上に水入れを置いています。

犬によってピッタリサイズが違うので、初めはいろいろな高さを試してから台を購入してもいいと思いますよ!

こちらの器は瀬戸の陶器で、水がまろやかになるんだとか。

 

3段階に高さ調整が可能です。
サイズもS・Mあるので、犬種によって選べるのもポイントですね!

 

ノズル型給水器

ノズル型給水器は、デメリットばかりではありません。
長時間移動する場合、キャリーケースに給水器を取り付けておけばいつでも水を飲むことができます。

自家用車であれば、犬を外に出して水を飲ませることができますが、新幹線など公共の乗物の中ではそれはできません。犬がストレスなく移動できるように、給水器に慣れさせておくといいですね。

また、去勢などの術後も給水器を利用することになるでしょう。

術後エリザベスカラーをすることになりますが、深皿タイプだと水が飲みにくい(もしくは飲めない)ので、給水器を準備しておいた方がいいと思います。

2つ目の水入れとしての利用するケースもあると思います。

器形の水を倒しがちな子で、お留守番の時間が比較的長い場合は、サブとしてこちらのノズル型を置いておくことをおすすめします。

 

ケージ飼いしていない場合は、こういったウォータースタンドに設置すれば置き場所にも困りません

 

自動給水器(循環式)

人気の循環式自動給水器です。

いつでも綺麗なお水が飲めるというメリットもありますが、ネックはフィルター交換と場所を取ること高さの調整も難しいこともデメリットですね。

 

ノズル給水器受け皿付き

ノズル給水器に受け皿をつけたタイプで、amazonなどでも非常に人気です。

犬が水を飲めば受け皿に一定量の水が貯まるタイプですが、衛生的でお留守番が多い子にはおすすめ!

デメリットは、移動には不向きな点と給水器周りがベチャベチャになることは通常タイプの給水器とあまり変わりません。

 

GROW
一番のお気に入りは器形タイプ!
ガブガブ水を飲めるので、うがいの効果があって口の中が綺麗になるよ。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 アフィリエイトにも挑戦中! ◆ 詳細 →プロフィールはこちら

-犬と生活

Copyright© monogrow , 2018 All Rights Reserved.