美容&ファッション

自分で簡単にニット修理はできる!ほつれ・虫食い・穴あけのお直し

更新日:

お気に入りのカシミアストールやセーターに、ほつれ・虫食い・穴開きが見つかった場合どうされてますか?

・自分で修理する?
・諦めて捨ててしまう?
・お直しに出す?

クリーニング店や修理専門店へお直しに出すと、一箇所3,000円程度かかることが多いようです。

 

つい先日、お気に入りのセーターに2つ虫食い穴があるのを見つけて、悩んだ挙句自分でお直しすることにしました。

セールで安く購入したセーターに、お直し代6,000円を出すのはちょっとはばかられたので・・。

結論から言うと、今回手芸店で教わった「あるモノ」を使ってお直ししたら、虫食い穴があったことなんて分からないほどの完成度に!

こんな便利なモノがあったのか!と感動したので、記事にしたいと思います。
セーターの虫食いや穴開きで悩んでいる方、諦める前に是非試してみてください!

data-full-width-responsive="false">

ニットのお直しは自分でもできる!

「ニットお直し」「ニット修理」でヒットしたサイトを参考に、自分でお直ししてみようとさっそく手芸店に糸を買いに行きました。

”修正する箇所に色味を合わせた毛糸を準備”と書いてあったので、毛糸コーナーで探してみたものの、色味のあう毛糸が見つからない‥。

困ったなと悩んでいたら、手芸店の方が声をかけてくださったので相談してみることに。

 

その方に教えていただいたのが、金天馬 編み込みストレッチヤーン」というニット用の補強糸。

ストレッチヤーンは、通常は毛糸と一緒に編み込んで使用するらしく、セーターの袖口や襟首の伸び切り防止や補強に最適なんだそうです。
靴下や手袋などの補強にもよさそうですね。

 

こんな便利なモノがあるんだな〜ぐらいにしか思っていなかったんですが、相談に乗ってくださった方がとても親切な方で、お直しのレクチャーまでしていただきました。

お直しのコツですが、縫い合わせる時は網目にそって、網目の輪っかをひとつづつ繋げていくイメージで丁寧に縫うこと、だそうです。

 

早速自宅に帰ってお直ししてみたところ、言われなければ虫食いがあったなんて分からない状態に!

決して起用ではない私でも、驚くほど綺麗にお直しできたので感動しました。
縫い終わりに生地を少し揉むようになじませて、ハンディアイロンの蒸気をあてて仕上げました。

無地より柄物の方が、より目立たないように直せるらしいですよ。

ニットのお直しで有名なknit cure(ニットキュア)さんのサイトで、家庭でできる穴あきのつまみ修理の動画をYouTubeにアップされてますから、参考にしてください。

 

金天馬ストレッチヤーン

 

金天馬のストレッチヤーンは、「透明」「白」「黒」の三種類ありました。お直ししたいモノの色味に合わせて購入をしてください。

一点注意があって、「透明」については光を反射します。”すごく細くて伸びる釣り糸”のようなイメージ、と言えば伝わるでしょうか 。

「透明」を買えば万能!と言うわけではありません

今回私がお直ししたセーターは、シルバーグレーカラーだったので全く目立たずにお直し出来ましたが、色味によってはシルバーの色味が目立ってしまう可能性があります

なかには、ストッキングを解いて糸状にして使用する方もいらっしゃるようですよ!
確かにヌードストッキングであれば、目立たないかもしれませんね。

 

番外編|プロのお直し技術がすごい!

それにしても、プロのニットお直し技術はすごいですね!
大きな穴なのに、初めから穴なんて開いていなかったかのようです。

たしかにこんな技術、誰でもできるものではありませんので、1つの虫食いに3,000円かかるのも納得です。

ここで使用されているのは、「ベラ針」と呼ばれるものです。
私には間違いなく使いこなせません・・。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 アフィリエイトにも挑戦中! ◆ 詳細 →プロフィールはこちら

-美容&ファッション

Copyright© monogrow , 2018 All Rights Reserved.