美容&ファッション

バックパックに「カバンの骨+α」で形をキープし自立する

更新日:

自転車通勤に便利だと思って購入したバックパック(リュック)でしたが、底の形が変形してしまうのが悩みのタネでした。

作りがしっかりしているスクエア型やレザータイプのバックパックもいいけれど、バッグ自体の重さが気になるし、軽量タイプは型崩れが気になる

バッグインバッグを使ってみたけど、お気に入りのポーチの方が使いやすい

そこでトートバッグ用に購入していた「カバンの骨」とあるものを組み合わせたところ、バックパックにピッタリだったのでご紹介したいと思います!

data-full-width-responsive="false">

バックパックにはカバンの骨+αで使いやすい!!

カバンの骨

カバンの骨はバッグの底に仕込むことで、「型崩れを防ぐ」「バッグの自立をサポートする」といった機能があります。

ちょっとしたマチの調整も可能なので、ひとつ持っていれば様々なバッグに使えることもポイントですね。

トートバッグやショルダーバッグにも使用してみましたが、へんなシワが寄らずにしっかり自立のサポートをしてくれるので、特にレザー製品は長持ちするメリットも。

バックパックを購入する際、お店やネットショップで実際に背負ってみたときは形がよく綺麗に見えたのに、実際に荷物を入れて使いはじめてみると「なんか違う」と感じることはないですか?

緩衝材という重さがほとんどないものを入れたときのバックパックの形と、実際に身の回りのお財布やお化粧ポーチなどの重さがあるものを入れたときの形は全く違います

このカバンの骨を使うことで軽量ナイロン素材のバックパック特有の問題、重い荷物で底の部分だけが伸びてタルんでしまうのを防いでくれます。

 

+α カバンの底板を背板として使う

カバンの骨で底周りの補強はできても、軽量バックパックの場合自立させるのが難しい。

そんなときは手芸店などに売っている「カバンの底板材」(白や黒で薄いシート状のもの)を、バックパックの背板として使うことをおすすめします。

薄くて軽いのはもちろん、硬さもあまり感じませんから背中に当たる部分が痛くなるようなことはありません。

お値段はサイズや厚みによって異なりますが、500〜1,000円程度で販売されています。

ハサミで簡単に切れるので、バックパックに合わせてカットして使うだけでもOKですし、好きな布で背板カバーを作ってもオシャレだと思います。

我が家にはミシンがないので、無印のオーガニックコットンマイバックに背板を入れて、好きなスタンプを押して使ってましたが、なかなか好評でしたよ!

余った底板材は、カバンの骨の底板として使うとより丈夫になります。

いろいろな厚さの物があるので、ご自分のバックパックにあったものを選んでください。

※バックパックが痛まないように、角を丸く切っておくと安心かもしれません。
 バックパックの素材に合ったものを選んでください。

 

バックパック用バッグインバッグ

最近ではバックパック用のバッグインバッグも多数販売されています。

持っているバックパックとサイズが合う方や、ポーチに入れて荷物を取り出したりしない方であれば、こちらのタイプの方がよりしっかりとサポートしてくれるのでおすすめです。

Huuub
バックパックの底の形を維持してくれるので、後ろから見てだらしなく見えないのがGood!

 

関連
「オルビスユー」を3年以上使い続けたお肌の変化とレビュー

  深夜残業続きで肌がボロボロ‥。 乾燥している室内で「潤い」が奪われて、弾力のないお疲れ肌が実年齢より老けてみえる! ...

続きを見る

関連
かかとの角質ケアで足のニオイ対策ができる!

女性ならブーツを脱いたときの臭いって気になりますよね。 同じブーツは毎日履いていないし、消臭スプレーやフットスプレーも使 ...

続きを見る

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 アフィリエイトにも挑戦中! ◆ 詳細 →プロフィールはこちら

-美容&ファッション

Copyright© monogrow , 2018 All Rights Reserved.