WordPress

WordPress有料テーマ|ストーク、ハミングバード、賢威7、TCD 比較!

更新日:

 

以前の記事で今回ブログテーマに選んだ「AFFINGER4」のことを書きました。

その際「AFFINGER4」と最後まで迷ったのが、OPENCAGE系のテーマ「ハミングバード 」「ストーク 」と、SEO内部対策が強力だと言われている「賢威7」と「TCD」です。

今回はそれぞれのテーマの持ち味と、使い方について紹介したいと思います。

data-full-width-responsive="false">

「ストーク」「ハミングバード」「アルバトロス」
OPENCAGE

 

OPENCAGE(オープンケージ)のテーマは、カスタマイズなんてしなくてもそのまま使えるオシャレなデザインが魅力です。

言い方を変えれば、人とは違うデザインにしたければカスタマイズは必須。

使用者がとても多いので、すぐ「このブログ”ストーク”使ってる」と分かります。
それだけ多くの方に愛されている分、カスタマイズ関係のサイトもすぐに見つかりますので、初心者でも手を出しやすいテーマだと言えます。

とにかく見栄えのいいテーマをデフォルトのまま使いたい!という方には、とてもおすすめできますよ!

 

複数サイトの使用はNG!!

OPENCAGE系の有料テーマは、複数のサイトで使用することができません。
1テーマ1サイトのみ使用可となります。

例えば、「ストーク」を購入して Aというブログを立ち上げるとします。
その後 Bという別のブログを同じテーマ(ストーク)で作ろうと考えた場合は、「ストーク」をもう1つ購入する必要があります。

複数のサイト運営を考える場合、サイトの数だけテーマを購入しなくてはいけませんので負担が大きくなります。

1つのブログを育てたい、サイトを増やすことは考えていない!という方には、OPENCAGEのテーマは全てブロガーのためのWordpressテーマですから、使いやすくおすすめです!

 

ストーク|STORK

人気度: 

一番人気の「ストーク 」は、他のOPENCAGEテーマより価格は高めに設定されていますが、他のテーマにできて「ストーク」でできないことはありません。
機能面で選ぶなら「ストーク」がおすすめです。

モバイルファーストに徹底的にこだわった「デザイン」と「機能」が詰め込まれているため、他のテーマより少しお値段が高くなります。

 

ハミングバード|Hummingbird

人気度: 

個人的にお気に入りなのが「ハミングバード
浮き出て動くようなアニメーションが美しく、機能面でも「ストーク」とほぼ同等の機能がついています。

ネックは表示速度が遅いと言われていること。
速度アップのため、結局はアニメーションの動きを止めたというサイトも多いようですね。

 

アルバトロス|ALBATROS

人気度: 

アルバトロス 」を☆3つにしたのは、「ストーク」や「ハミングバード」と比較して実装されていない機能がやや多い印象があるため。

同じ7,980円払うなら、機能が充実している「ハミングバード」を選ぶ方が多いようです。

 

「賢威7」
株式会社SEMライダー

SEOに強い有料テーマで調べたら、必ず紹介されているのが「賢威(ケンイ)」です。

販売開始が2007年ですから、10年以上の間積み重ねられてきたSEOのノウハウが詰まっているテーマだと言えます。

バージョンアップを繰り返し、現在のバージョンは「賢威7」
賢威史上もっともコンテンツマーケティングに強いテンプレートと言われています。

 

テンプレートの種類は全7種類

テンプレートは、「スタンダード版」「コーポレート版」「プリティ版」「ビューティ版」「クール版」の7種類。

「賢威7」を購入すれば全てのテンプレートが利用でき、複数サイトでの利用もOKです。
そう考えると、高めの価格24,800円でも納得ができますね。

また利用者数が15,000人以上と多いので、カスタマイズの記事もネットで見つかりやすいこともポイント。

そのまま使ってしまうと、デザインが少しコーポレートサイトっぽくなってしまうので、ある程度のカスタマイズを前提として購入されるのであればおすすめです。

自分で付け焼き刃のSEO対策を施すより、しっかりSEO内部対策がされたテーマを購入したい!という方向け!

 

data-full-width-responsive="false">

「Bloom」「MAG」「LOTUS」など
TCD

TCD」の特徴は、取り扱うテーマ数の多さ!
その時々の時代にあったテーマを開発し続けているからこそ、毎年のようにテーマが増え続けているのでしょうね。

そんなにあるとどれを選べばいいか分からない‥そう思われうかもしれません。

「売れ筋」「ジャンル別」「レイアウト・機能別」にテーマが紹介されているので、その中から自分にあったテーマを選びましょう!

 

テーマ数は30種類以上

価格はどれも高めですが、デザインがどれも非常に美しく完成されている印象です。

テーマそれぞれに特徴があるので、士業サイトであれば「LAW」、エステ・美容関係のサイトであれば「SKIN」など、自分が作成したいイメージにあったテンプレートが見つかりやすい。
ブログ系で人気が高いテーマは、「Bloom」「LOTUS」「MAG」あたりでしょうか。

賢威7と違ってパッケージ販売ではありませんので、テーマ単位で購入する必要があります。

比較の特徴で書いたとおり、TCDの利用者数は桁違いに多いようなんですが、実際に使用したいテーマのカスタマイズサイトはあまり見つかりませんでした。

  • テーマの種類が多いため利用者が分散されている
  • 売れ筋テーマ以外のカスタマイズサイトが見つかりにくい

初心者がカスタマイズを前提としてテーマを購入する場合、事前にカスタマイズサイトがどれだけあるかチェックをしておいた方がよさそうですね。

注目
AFFINGER4にした理由と初心者目線のレビュー

  WordPressでブログを開設するにあたり、有料テーマ「AFFINGER4」を使用することにしました。 2018年 ...

 

Huuub

ブログとして使うなら「AFFINGER4」かOPENCAGEの「ストーク」「ハミングバード」がおすすめ!

個人事務所のサイトやショップHPとして利用するなら「賢威7」「TCD」と使い分けるのもいいですね。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 アフィリエイトにも挑戦中! ◆ 詳細 →プロフィールはこちら

-WordPress

Copyright© monogrow , 2018 All Rights Reserved.