カメラ

SONY α7Ⅲ購入|事前に揃えたアイテム&欲しいものまとめ

フルサイズミラーレス購入にあたり悩んでいたカメラ選びですが、最終的にSONY α7Ⅲを購入。

キャノンとニコンが追撃しはじめたばかりのなか、性能の高さとデザイン性で独走状態となっているSONYに強く惹かれました。

Huuub
今回の記事は、購入と同時に揃えたアイテムをまとめて紹介しています。

 

3つに分けてご紹介!

  • SONY α7Ⅲ購入と同時に購入しておきたい必須アイテム3種
  • 手元に届いてから使用用途に合わせて検討するモノ
  • 初心者が揃えておくべき必需品

 

\ 買ってよかった!! /

 

SONY α7Ⅲと同時に購入すべき必須アイテム

α7Ⅲ購入と同時に揃えたアイテムは「液晶フィルム」「SDカード」「レンズ保護フィルター」の3つ。

この3つを揃えておけば、安心してα7Ⅲの撮影を楽しむことができます。

 

液晶フィルム

ガラスタイプと迷ったんですが、人気の高かったKenkoのα7Ⅲ専用フィルムを購入。

開封儀式が終わったら、すぐに貼ってしまいましょう。

 

 

UHS-Ⅱ対応のSDカード

α7Ⅲはダブルカードスロットで、1つはUHS-Ⅱに対応しています。

UHS-Ⅱは、読み書き速度が旧タイプ(UHS-Ⅰ)より更に高速になった規格

α7Ⅲの性能を最大限に活かすためにも、UHS-Ⅱ対応のSDカードを購入。

SONYのSDカードは高くて手が出ないので、サンディスクを選択しました。

それでもUHS-Ⅰと比較すると倍以上の価格になるのがネックです。

 

 

レンズ保護フィルター

フィルターを着けることで画質が低下するとも言われていますが、犬撮りや運動会などの撮影に小石や砂がが飛んで来ることもあります。

個人的には保護フィルターを着けておいたほうが後悔しないと考えています。

KenkoかHAKUBAを選んでおけば間違いありません。

 

Huuub
紹介した「液晶フィルム」「SDカード」「レンズ保護フィルター」は、カメラ購入と同時にそろえておくべきね!

 

α7Ⅲのために順次揃えていきたいアイテム

α7Ⅲと同時購入する必要まではなくても、必要に応じて揃えたいアイテムをまとめてご紹介します。

Partner
自分の使用用途と予算を考えて、準備しておきましょう!

 

α7Ⅲは充電器が付属されていない

α7Ⅲには充電器が付属していません。

バッテリーの持ちが良いカメラですが、安い買い物ではないので充電器ぐらい付属しておいてほしいところ。

ソニー純正品は高額です。

 

サードパーティ製ですが、バッテリー2つを同時に充電できるバッテリーチャージャーは安くておすすめ。

 

 

旅行や撮影ポタリングにバッテリーを備えよう

α7Ⅲには高容量バッテリーNP-FZ100に対応しており、約710枚の静止画撮影が可能。

バッテリーの持ちは非常によく、1日撮影に使っても十分持ちましたが、電源の有無が不安な場所や旅行の際には予備がほしいところ。

 

 

サードパーティ製の充電器とバッテリー2個がセットになったタイプ。

 

 

合わせて購入しておきたいのがモバイルバッテリー。

こちらのAnkerは大容量かつ急速充電可能なモデルなので、カメラやスマホ、iPadの充電も1台あれば十分まかなえます。

 

 

星空撮影や記念撮影にぴったりな三脚

一眼レフを購入したなら、三脚をひとつは購入しておきたいところ。

このSLIKは1.27Kgと軽量で、amazonレビューも高評価。

車を所有している方や、本格的な星撮りがしたい方は、やはりある程度重さがある三脚の方が揺れも気にならずにおすすめ。

 

 

気軽に持ち運べる小型の三脚なら、マンフロットがおすすめ。

小さくて軽いのが特徴ですが、耐荷重1kgなので重いレンズには耐えられないので注意が必要です。

 

 

星空撮影、タイムプラスをするなら、三脚と同時にレリーズを購入しておきましょう。

サードパーティ製ですが、とても安価に購入できるところがメリット。

 

 

ストロボ代わりのLEDライトでモノ撮りを試したい

ストロボを購入したいと考えた場合、良いものは3万円台以上と高価なので手が出しにくいのがネックに。

Huuub
そんなときは、LEDライトでお試ししてから選んでみて!

こちらは手軽にモノ撮りができそうな安価なLEDビデオライトですが、評価も高く試してみる価値はあります。

 

 

小指あまりを改善し収まりをよくするアイテム

女性や手が小さい方には収まりが良いα7Ⅲですが、手が大きな方が使用する場合はグリップから小指がはみ出してしまうことも。

SONY純正の大型 縦位置グリップは、装着することで手の収まりがよくなり、バッテリー持ちも改善されます。

Partner
縦位置グリップのデメリットは、なんと言っても大きくて重いこと・・。

軽量タイプであれば、SONY純正のグリップエクステンションがおすすめ。

ただ机に置いたときのバランスが悪いので、純正以外で探すのもあり。

 

 

α7ⅢでCANONレンズを使いたい!

α7Ⅲで他メーカーのレンズを使いたいときは、マウントコンバーターを購入しましょう。

なかでも人気が高いのが、シグマ製キャノン用レンズをSONY α7Ⅲに装着できるマウントコンバーター MC-11。

ただしすべてのレンズに対応しているわけではないので、事前に確認は必須です。

 

 

カメラデビューする方が購入すべきアイテム|初心者用

カメラデビューする方がレンズ交換式カメラ購入と同時に、合わせて揃えるべきアイテムをまとめました。

Huuub
最低でも揃えておきたいものを厳選してご紹介します。

 

カメラ・レンズをカビから守るドライボックス

はじめから防湿庫を購入する必要はありませんが、カメラはホコリと湿気に弱いので、最低でもドライボックスの購入をおすすめします。

乾燥剤は、別売りとなるケースが多いので注意が必要。

 

 

お財布に余裕があるのなら、防湿庫の購入をおすすめします。

こちらはamazonで高評価、かつ比較的安価な防湿庫。

容量によって価格差がありますので、自分に必要な容量(機材)が決まるまではドライボックスでも問題ありません。

 

 

カメラを綺麗に保つクリーニングキット

レンズ交換式カメラを買うなら、ひとつは持っておきたいクリーニングキット。

 

 

カメラバッグ・ストラップなど

カメラバッグは使用用途に応じて選ぶべきですが、おすすめはリュックタイプ。

こちらはカメラサイトで有名なStudio9オリジナルのカメラバッグで、機能性が高く多くのカメラマンが愛用されてます。

いくつかサイズ展開がありますので、使用用途によって選択するのがベスト!

 

 

カメラストラップの脱着が簡単にできるアイテム。

複数台カメラを持っている場合、ストラップを使いまわすのにとても便利です。

 

 

カメラ本

人気カメラ情報サイトStudio9の運営者の方が書かれた本で、サイト同様とても分かりやすい文章と図で構成された初心者本。

 

 

Huuub
他メーカーと比較検討した結果、購入したのはSONY α7Ⅲ。期待を裏切らない素晴らしいカメラです!

 

関連
備忘録|α7Ⅲ購入後の初期セッティングとカスタムキー設定

続きを見る

関連
失敗しないカメラバッグの選び方を考えてみる|カメラバックパック編

続きを見る

関連
α7Ⅲにクローズアップレンズ付けてマクロ撮影を楽しもう!

続きを見る

 

Amazonチャージ

amazonチャージAmazonで買い物するなら、Amazonチャージの利用がおすすめ!

チャージするたびに、最大2.5%Amazonポイントが貯まるので、Amazonを利用者するなら使わないと損ですよ。

\ TRY NOW!! /

amazonギフト券への入金方法を見る

こちらもよく読まれてます

  • この記事を書いた人
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 5万PV/月達成しました! レビュー依頼はお問い合わせフォームからお願いします!

-カメラ

Copyright© モノグロ|monogrow , 2019 All Rights Reserved.