ミニベロ 美容&ファッション

自転車と日焼け対策|使ってよかったUV対策グッズ

更新日:

この季節、あきらかに新品だと思われる自転車に乗っている人をよく見かけるようになりました。

自転車ライフを楽しむため、欠かせないのは「日焼け対策」。

朝の通勤の時だけ、ちょっと近場に出かけるだけ、今日は曇りだから、と言い訳して日焼け対策をサボっていたら後悔しますよ!

男性でも、ビジネスの場で「マダラ焼け」は避けたいね。
Partner
Huuub
季節問わず日焼け対策しないと、シミも怖いけど皮膚がんとかも怖い・・

特に4月以降は紫外線量が増えてくるので、しっかりケアしたいもの。

data-full-width-responsive="false">

自転車|紫外線対策グッズ

  • 男女問わず使用出来るもの
  • 汗に強く、強力な日焼け止め効果がある

自転車生活に欠かせない、おすすめの紫外線ケア用品を紹介します。

 

日焼け止め

自転車のライトやメンテナンス用品を販売しているメーカーがつくる、「スポーツ仕様の日焼け止め」が最強です!

和光ケミカルの日焼け止め「ファクター」は数年前から発売されていますが、新たにキャットアイからも強力な日焼け止めが発売されました。

共に「SPF50+」「PA++++」とUV効果が高く、サラサラとしたテクスチャで肌によく伸び、汗をかいても落ちにくいことが特徴

頻繁に塗り直ししなくていいのは、外出先では助かります。

良い商品ですが、販売店が限られているため、気軽に試せない点については残念。

  • amazonや楽天など、ネットショップで販売されていない
  • 特定のサイクルショップでしか販売していない

 

キャットアイ サイクリストアイUVプロテクター

キャットアイから発売された「サイクリストアイUVプロテクター」は、税抜2,760円。

まだサイクルショップで見かけていないので試せていませんが、和光ケミカルの「ファクター」と違い石鹸で洗い流せるところがウリでしょう!

公式サイト: https://www.cateye.com/jp/products/accessories/CYCLiST_EYE/

 

和光ケミカル アグレッシブデザイン ファクター

有名なサイクルショップには必ずと行っていいほど販売されている「ファクター」は、税抜3,500円。

確かに非常に強力な日焼け止めだと感じましたが、肌が少し乾燥気味になるため使用感の好みが別れると思います。 

注意すべき点は、日焼け止め効果が非常に高いためクレンジングで落とす必要があります

和光ケミカル推奨のクレンジングは1本3,300 (税抜/200mL)と結構するので、持っていたクレンジングで試しましたが問題なく落とせました。
ただ石鹸などのソープでは落ちないと思います。

公式サイト: http://aggressive-design.jp//products

 

アームカバー

今までいくつ購入したか分からないアームカバーですが、すごくおすすめしたいのがモンベルのアームカバー。

手の甲までカバーしてくれるのはもちろんですが、手のひら側は素手になるのでとても使いやすいところが大きなポイント。
甲の日除け部分には芯が入っているので、型崩れもほとんどありません。

また腕の部分は自分の腕の太さに合わせて調整ができるので、ずれ落ちてイライラすることがないのがメリットです!

手や首は年齢が一番出やすいところと言われていますから、普段からしっかりケアしたいですね。

 

amazon定番人気のCW-Xのアームカバーです。

サラリとした使い心地で気持ちのよい素材感なんですが、腕周りが少し大きめなのでズレ落ちてきてしまうのが残念です。
サイズが合えば良い商品だと思います。

 

UV効果のあるヘアケア|帽子

髪にも紫外線ケアは大切です!
乾燥して痛んでしまうのはもちろんですが、カラーが早く退色してしまう原因にもなります。

帽子を購入するなら、ツバが広めのタイプを選びたいところですが、少しでも強めの風が吹くと視線を邪魔したり危険になるケースもあります。

一番いいのはキャップタイプですが、髪がぺたんこになってしまうデメリットがあるので、女性は少し使いにくいもの。

 

そこでおすすめしたいのがUV効果が入ったヘアケア用品です!

ミルボンのディーセスは、ミルクとオイル2つのタイプがあり、共に紫外線カット「SPF25」「PA+++」の洗い流さないトリートメントです。

以前はUV効果があるヘアスプレーを使っていましたが、髪の毛がゴワついてしまうのが悩みでした。

美容院で勧められて購入したディーセスは、トリートメントタイプなので髪に艶が出ますし、自分の手でしっかりとまんべんなく付けることができるのが気に入っています。

 

フェイスカバー

購入して失敗したと感じたのは「KICKS フェイスカバー」。

amazonの評価が高かったので購入したんですが、口元が開かないので水分が取りにくく、日焼け止めを塗るのを忘れがちな”耳”をカバーしてくれないタイプだったので、結局使わなくなりました。

サイズ調整ができて、口元が開いているタイプのフェイスカバーが一番使いやすいと思います。

フェイスカバーまではちょっと・・という方は、せめてネックカバータイプのものを使われることをおすすめします。

どれだけ綺麗にメイクをしていても、首の日焼けは年齢が出やすいと言われていますから要注意ですね!

関連
2018年おすすめの自転車保険を考えてみる

 全国的に自転車保険の義務化が進んでいますが、すでに加入していますか。 スピードを出しすぎない、危険な運転はしないことは ...

続きを見る

関連
今ある普通の自転車をアシスト自転車にできる|電池不要のFREE POWER

数年前から見かける、普通の自転車を後から電動アシスト自転車にする機器。 クラウドファンディングで見かけるたびに、いいなと ...

続きを見る

関連
ミニベロ・小径車の選び方|メリット・デメリットを知ろう!

本格的なロードバイクやクロスバイクより、もっと気軽に、よりおしゃれに自転車を楽しめるのがミニベロのいいところ。 私たちも ...

続きを見る

 

Huuub
紫外線が一番強い時期は5月末から6月です!
将来の自分のためにも、しっかりケアしましょう!

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Huuub

Huuub

関西在住のフリーランサー、Huuubです。 「ときめくモノと共に暮らし成長すること。」をモットーにブログを書いています。 アフィリエイトにも挑戦中! ◆ 詳細 →プロフィールはこちら

-ミニベロ, 美容&ファッション

Copyright© monogrow , 2018 All Rights Reserved.